「ご利用は計画的に」以前(今も?)あった消費者金融のCMの最後の僅かな2秒程のメッセージが重要ですね。

 

この一言メッセージは「ご利用はカナリ計画的に」ですね。

 

無理に審査を合格させるために嘘を書いてすり抜けるのは絶対に「駄目」ですね。
消費者金融業者も貸し倒れは困りますし、させません。

 

言われずとも金利はベラボーに高いです。「ご利用は相当に計画的に」ですね。
借り入れが可能なのは20歳を過ぎた自己責任の取れる大人ですが20歳になると責任能力があると自動的に判断されます。

 

出世魚的な辺りはおかしいかと思いますが国の制度としてはこうなっていますので、
「20歳になったら自由にお金を借りれる」!と喜ぶ人は消費者金融には気を付けた方か良いですね。
私は20歳でお金も自由に借りれると考えて気が重くなった方です。

 

20歳で成人になったと言っても一昔と比べるとまだ半人前です。戦国時代には15歳で戦にでたというのにあなたは15歳で戦争に迎えますか?私も無理です。今は20歳でも未熟だと思います(私もそうでしたが)

 

消費者金融でお金を借りれるのも成人の20歳から、借りるあなたは未熟な場合が多いと思います。

 

借金は相当よく考えてもし最悪返せなかったときのことも入念に考えて成人の自己責任でローンを組んでください。